貸借対照表の「流動/固定資産」とは?

今回は、貸借対照表 (Balance Sheet)の読み方の中でも出てきた流動資産固定資産について詳しく解説します。
企業は保有する資産を運用して、お金を回収することで事業や経営を発展させます。
この際、回収するスピードに応じて、資産は流動資産固定資産に分かれます。

貸借対照表の全体像

貸借対照表は、企業が運用する資産と、会社を運営するための資産を外部から調達する負債純資産に分かれます。
貸借対照表を図解すると、以下のような形になります。

貸借対照表(Balance Sheet)

この図のように、貸借対照表は大きく3つの区分に分かれ、左の青色の部分が資産、右の赤色の部分が負債、緑色の部分が純資産となっています。
左側(借方)と右側(貸方)がBalance (均衡) することから、貸借対照表を英語で「Balance Sheet」と呼びます。

今回は、左側の「資産」について詳しく見ていきます。

貸借対照表「資産」の分類

それでは、貸借対照表の「資産」を細かく見てみます。
下の図は貸借対照表の「資産」を流動資産固定資産に分類したものです。

貸借対照表「資産」の分類

企業は資産を運用して、お金を回収することで利益を上げていきます。
その資金回収スピードに応じて、資産は流動資産固定資産に分かれます。

流動資産には、通常の営業活動の中で生じる資産や、決算日から一年以内に現金化できる資産が入ります。
「現金・預金」や「商品」、「売掛金」等が入ってきます。

一方、固定資産には一年を超えて、保有する資産が入ります。
「建物」や「備品」、「土地」のような長期間使用することで資金を回収することに寄与するものが含まれます。

以上より、資産サイドは営業活動の中で生じるものか否か、資金を回収する速さは1年以内か否かに応じて流動資産固定資産に分かれます。

流動資産と固定資産の区分ルール

流動資産固定資産を区分する会計上の基準について、詳しく見ていきましょう。
以下に区分のフローを簡単に図示しています。

流動と固定の分類フロー

・通常の営業活動の中で生じるものか?
・1年以内に現金化するか?
という基準で流動資産固定資産が分かれていることがわかります。
これらについて以下で詳しく紹介します。

営業活動の中で生じる資産か?

流動資産に含まれるか否かの基準として、まず営業活動の中で発生した資産かどうか、があります。
商品の種類によっては、販売までに1年以上の期間がかかる物もありますが、それが通常の営業の流れであれば、流動資産としてカウントします。

商品を作って販売する企業の場合、営業活動の一連の流れは以下のようになります。
❶材料の仕入 ⇒ ❷商品の製造 ⇒ ❸商品の販売 ⇒ ❹販売代金の受け取り
このサイクルの中で生じる資産は、流動資産となります。

❶ 材料…棚卸資産( or 仕掛品 )
❷ 商品…棚卸資産
❸ -
❹ 販売代金…現金、売掛金、受取手形など

あくまでもこのサイクルの中で生じる資産が流動資産であることに注意しましょう。
つまり、このサイクルの中で登場する資産のすべてが流動資産になるわけではありません。

例えば、販売を行う際には店舗が必要になることがありますが、これはこのサイクルの中で生じたわけではないため、流動資産には含まれません

対照的な例として、建物を売る事業を行う会社の場合、販売対象の建物は「販売用不動産」として流動資産に計上されます。
参考:販売用不動産を扱う会計クイズ

1年以内に現金に変わるかどうか?(1年基準)

続いて、流動資産に含まれるか否かの基準として、1年以内に現金化可能な資産か否かというものがあります。
今時点で現金として自由に使える状態でなかったとしても、すぐ(1年以内)に現金化できて、運用できるものについては、流動資産としてカウントします。

例えば、企業のお金を使って短期間で株式を売り買いする場合、株式という資産が、「売買目的有価証券」という科目で貸借対照表に計上されます。
これは、通常1年以内に現金化することが見込まれる株式なので、入金期限が1年以内に到来するものに該当し、流動資産となります。
逆に、長期間をかけて売買する予定の株式は、「その他有価証券」などの科目で、固定資産に計上されます。

再掲になりますが、以上をまとめると以下の図のようになります。

流動と固定の分類フロー

流動資産固定資産についてイメージできるようになったのではないでしょうか?
以上が簡単な解説でした。

参考:流動/固定とは?

日本語の話ですが、流動という言葉と、固定という言葉は、対義語の関係にあります。
それぞれの定義は以下のようになっています。

流動:ながれ動くこと。定まらず動くこと。
固定:ひと所に定まって移動しないこと。また、動かないようにすること。
(広辞苑 第六版)

これらは「一定期間変化しないか、絶えず変化するか」で対義語の関係にあることが分かります。
言葉の意味を正確にとらえていくと、会計上の科目の定義も分かりやすくなるかもしれませんね。

 

こちらの読み方を参考に、色々な企業の財務諸表を読んだり、 #会計クイズ に参加していただけると幸いです。
貸借対照表を比較する会計クイズの出題/解説もあるので、気軽に挑戦してみてください。

日々、財務諸表を読むことで、確実にビジネス基礎力が高まると信じています。
是非、継続的に財務諸表に触れてみてください。

Tags: BS

Finance LABO
    Finance-Labo